お取り寄せ商品 メール便対応不可 ミキハウス正規販売店 ミキハウス mikihouse うさこ S-L 70-100cm プチ刺繍入りジャンプスーツ 本店 プッチー 素晴らしい外見

//お取り寄せ商品/メール便対応不可// ミキハウス正規販売店/ミキハウス mikihouse プッチー&うさこ プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm))

お取り寄せ商品 メール便対応不可 ミキハウス正規販売店 ミキハウス mikihouse うさこ S-L 70-100cm プチ刺繍入りジャンプスーツ プッチー 素晴らしい外見 キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , カバーオール・ロンパース,/beseechingness884212.html,11825円,プッチー&うさこ,mikihouse,randomscream.be,//お取り寄せ商品/メール便対応不可//,ミキハウス正規販売店/ミキハウス,プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm)) お取り寄せ商品 メール便対応不可 ミキハウス正規販売店 ミキハウス mikihouse うさこ S-L 70-100cm プチ刺繍入りジャンプスーツ プッチー 素晴らしい外見 11825円 //お取り寄せ商品/メール便対応不可// ミキハウス正規販売店/ミキハウス mikihouse プッチー&うさこ プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm)) キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション カバーオール・ロンパース キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , カバーオール・ロンパース,/beseechingness884212.html,11825円,プッチー&うさこ,mikihouse,randomscream.be,//お取り寄せ商品/メール便対応不可//,ミキハウス正規販売店/ミキハウス,プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm)) 11825円 //お取り寄せ商品/メール便対応不可// ミキハウス正規販売店/ミキハウス mikihouse プッチー&うさこ プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm)) キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション カバーオール・ロンパース

11825円

//お取り寄せ商品/メール便対応不可// ミキハウス正規販売店/ミキハウス mikihouse プッチー&うさこ プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm))












ピュアベール

■品番
13-1202-267
■カラー・サイズ
カラー:ピンク(08),ベージュ(09)

サイズ:L(90-100cm),M(80-90cm),S(70-80cm)
■商品説明
高機能中綿を使用したジャンプスーツです。
しっかりと防寒できる赤ちゃんの防寒カバーオールアイテムです。

・表地は軽量で撥水性が高く、透湿と防風性を備えた高密度ナイロンツイル素材。
・裏地には保温性に優れたトリコット起毛を使用し、しなやかなタッチですべりがよく、心地よく着ていただけます。
・ファスナーで股下まで開閉し、おむつ替えやお着替えが容易で非常に便利です。
・袖口(手先)・足口(足先)を覆える仕様になっており、寒冷地の真冬時期の防寒対策にも活用できます。
・腕通しがスムーズに行えるように袖の内側はナイロン仕様。
■高密度ナイロンツイルについて
・極細番手糸のツイル組織により【軽量設計・強度がアップ】
・小雨程度であれば十分対応可能【優れたはっ水性を実現】
・ノンコーティング高密度組織により【高い透湿性と防風性を両立】
■お取り扱い注意
この製品は素材の特性上、摩擦に弱い性質を持っています。
着用や取り扱いの際に局部的に強い力や摩擦が加わると糸が移動し外観変化を起こすことがありますので、表面の粗いものとの接触、引っ掛かりには十分にご注意ください。
■素材
(表地・袖裏)高密度ナイロンツイル
(身頃裏)トリコット起毛
(フード裏・フード口)シープフリース
■品質
(表地・袖裏)ナイロン100%
(身頃裏・フード裏・フード口・中綿)ポリエステル100%
■寸法
サイズ身巾着丈裄丈股下
S34764230
M36864936
L38915139

※表示寸法は目安となっております。
実際の商品の寸法とは若干差がある場合がございます。
ご了承くださいませ。


サイズ等お間違えにならないようにご注意ください。
実物に可能な限り近い色の撮影を心掛けておりますが、
お客様のPC・ブラウザによっては多少色の見え方に違いがありますことを予めご了承下さい。

メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています

//お取り寄せ商品/メール便対応不可// ミキハウス正規販売店/ミキハウス mikihouse プッチー&うさこ プチ刺繍入りジャンプスーツ(S-L(70-100cm))

3月の子供の病気注意報

例年、花粉症でお困りの方は2月からお薬を始められると良いでしょう。

 花粉症のピークは2,3,4月です!!

 昨年度の処方箋をお出しすることも可能ですのでお電話ください。

スギ花粉で顔のアトピー性皮膚炎が悪化することが多いので気になる方は

 ご相談ください。

難治性のアトピー性皮膚炎は、ダニアレルギーが原因のことが多いので、

 治療としてダニの舌下免疫療法が有効です。お困りの方ご相談ください。

落ち着きがないお子さんや、注意散漫なお子さんは、発達障害(神経発達症)の可能性が

 あります。気になる方は、受付にご相談ください。

コロナ対策しております!!遊具、おもちゃを撤去済み。

 廊下、診察室、扉開放中。お熱のある方、新生児の方お部屋分けしています!!

 受付会計でも三密に充分配慮しております。

 安心してご来院ください。

★お子さんの寝つきや目覚めにお困りの方はご相談ください!!

★5歳からスギのアレルギー性鼻炎のお子さんは、

 5月から舌下免疫療法がスタートしています。

 お悩みの方はあらかじめ採血の結果をご用意いただきご相談下さい。

 採血の苦手な方は簡単な簡易検査もありますのでご相談ください。(7歳以上です!!6歳未満の方には自費がかかります)

★イムファストチェックJ2を始めました。

 (卵白・牛乳・小麦)のアレルギーの検査が簡単にできます。

 ¥3000の実費が別途かかります。

 ご希望の方はお電話または受付でお問い合わせください。

★症状が落ち着いている方は処方箋のみでもお受けできますのでご相談ください。

★漢方ビューのトップページに先生の記事がのりました。こちらをご覧ください。

★予約システムがeネットよりEPARKに変わりました。

 事前に登録が必要になりますのでこちらから新規登録をお願いします。

★ヒルドイドクリームのアトピー性皮膚炎のスキンケア最新情報を

 “ちょっと困ったこどもの病気のアトピー性皮膚炎”の、

 「アトピー性皮膚炎におけるスキンケア ~

      発汗から見た外用薬の使い方~」を御覧ください!!

★結節性痒疹(ホームページの写真こちらをご覧ください。)で、

 お困りのお子さんは専用の治療薬がありますので御予約下さい

★慢性便秘症の新しい治療薬が使えるようになりました。

 治りにくい便秘やトイレの時間が長い便秘やおしりに

 うんちがついてしまう便秘のお子さんは、こちらを読んでみて

 来院されて相談してみて下さい。

★咳が酷い、咳で吐いてしまう、息苦しい、ぜいぜいする、

 などの症状で夜眠れない、などの喘息の症状がみられる時は

 早めに御来院されて下さい。

 乳幼児の喘息は咳だけが長引いて治らないことがあります。

 お母さんが思われるよりも喘息の症状が重いことが多々あり

 ますので注意が必要です!!

 喘息のお子さんは、アレルギー性鼻炎の合併が多いので、

 喘息の治療に加えて、アレルギー性鼻炎の治療が大切です。

★ダニのアレルギー性鼻炎の症状

(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、咳)が、

 何となく1年中出てる方がいらっしゃいます。

 気になる方は御相談下さい。舌下免疫療法で治療が出来ます。

★これまでにない!!

 アレルギー性鼻炎によく効く飲み薬が使える様になりました

 のでお困りの方は、御相談下さい。

★今までは12歳以上が対象でしたが、5歳から11歳までの

 お子さんにもダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法が1年中

 いつでも開始出来るようになりました。

 1年中鼻の調子が良くないお子さんは、ダニのアレルギー

 性鼻炎の可能性が高いです。

 お悩みの方はあらかじめ採血の結果をご用意いただき

 ご相談下さい。

 採血の苦手な方は簡単なイムノキャップ(簡易検査)もありますのでご相談ください。

★12歳以上でニキビでお悩みのお子さんに

 良い治療薬があります。

 ニキビは出来れば瘢痕を残さず治療した方が良いので、

 お困りの方はまずお電話ください。

★水いぼを取るときに痛みを軽減する麻酔テープ

(ペンレステープ)を始めます。

 ご希望の方はクリニックにお電話いただき来院されて、

 テープを貼って1時間後に取ると良いでしょう。

 ただし、使用年齢は4歳以上となりますのでご注意下さい。

 

 

 

 



スギ花粉症最新治療である舌下免疫療法は毎年6月から12月の間で始めることができます!

冊子:「KiiTa」を公開いたしました。

詳しい内容についてはこちらをクリックしてください。KiiTa原稿

メディア情報のところに、漢方ビュー「子どものための漢方」という院長の記事 が掲載されました。

記事の詳しい内容についてはこちらをクリックしてください。